理解をしてもらう

相談することの大切さ

うつは、とても頑張り屋な人が悩まされることの多い病気です。 気分が塞ぎ込んでしまうだけではなく、眠ることができない、食欲がわかないなどの日常生活に支障が出るという症状があります。 多くの人が一人で悩みを抱えている状態にあり、目に見えない心の症状である事から、回りに気づかれにくいというとても深刻なものなのです。 心の状態は目につかない分、気づかれにくいものですが、表情や行動などの外側の変化は気づかれやすいものです。 元気がない、表情に覇気がないなどの変化により、心配をする人が必ず現れます。 一人で悩んでいるよりも、誰かに相談することで自分自身の精神的負担だけではなく、相手の心配する気持ちを軽減することができます。

うつは一人で悩むものではありません

うつ状態にある場合、一人で悩んでいるという状態のままでいることはあまり好ましくありません。 誰かに相談するという事で、自分一人だけで抱える悩みが軽減されます。 相談することにより、適切なアドバイスをもらうこともできる上に、うつ状態を改善するための一歩を踏み出す事ができるのです。 身内や知り合いに相談することに抵抗があるという人の場合には、公共機関などで直接顔を合わせることのない電話相談などが用意されています。 表面に表れる事のない、精神的な苦しみは一人で悩んでいる状態では改善する事がとても難しいので、誰かに相談するということが非常に大切です。 うつは一人では改善する事が難しい、苦しいものです。 誰かに頼るということも大切なのです。

Page Top