解決すればオールオッケー

気付くことも大事

患者が自らの症状へ気づき、自分を取り戻す配慮をしよう

うつ病といえば昔は治療が困難なことで、知られていました。そして治療の困難や長期化から、遺伝性が疑われるものでした。まずは遺伝性という信憑性より、早期発見による本人の苦痛の緩和が必要でしょう。うつ症状というのは、周囲が考えるよりも、大病の患い程の苦痛を感じます。例えるなら毎日重い漬物石を抱えて、生活しているような重圧感があるのです。それは身体的な身重の感覚と、精神的な苦渋と両方の苦痛なのです。誰かがそれを笑えば、自分が笑われているような不自然な受容が始まることがあります。錯覚や幻聴という、ノイローゼ状態がうつ症状なのです。ですから一番の特効薬は、優しく相談にのることです。まずは聞き上手になることで、患者が自らを語りだす環境を用意しましょう。

周囲の人との信頼関係がうつ症状の抑制になる

それから周囲の気づきとして、衣服をおおめに着るようになります。一口にいうと冷え性になるということですが、体温調整ができずにいる状態はいけません。外見から内面を観察することは、できませんが周囲と溶け込めない空気は避けましょう。ともかく違和感のある様子は、うつの症状の兆候といえます。もし周囲に相談できるような人材がいれば、友達であれば尚更よいでしょう。うつの症状は、切り抜けようとすると病院にかからず終わることもできます。まず自分から相談にのるような気持ちで、負担感を与えず相談の話しを持ちかけてみましょう。そうすることで心の内面に膨らんでいた、わだかまりの感情が外に向けられるでしょう。うつの症状を抱えやすい場合は、この外部環境への不適応性があります。まずは周囲に信頼できるような、人脈をつくることが予防になるのです。

相談するにはだいたいどのくらいかかるのか

うつ病は近年多くの人がかかる現代病となっています。 うつ病を治療するには一般的には薬による薬物療法とカウンセラーと相談しながら解決していく認知療法があります。 薬はそれぞれ国から価格を決められており金額はどの医療機関でもほぼ同額となっています。 しかし、カウンセラーによる治療では金額は各病院が設定している為大きくばらつきがあります。 病院の立地やその地域の病院の数などにより値段が前後します。 また、初回の相談時は症状の見きわめの為に少し高く設定している場合もあります。 この場合は2回目以降安くなります。 金額の上下で効果が変わってくることはないと思います。 どこの病院で相談をして治療していくのかは各病院の料金と財布を見ながら決めるとよいでしょう。

うつをカウンセリングで解決するメリットとは

相談なしで薬だけでうつ病を治療していく場合よりも相談しながらうつ病を治療していく場合のほうがいくつか良いメリットがあります。 1つ目は「根本的な原因の治療ができる」という点です。 薬物治療だけの場合は、今現在の自分のうつ状態をどう直していくのかという点にフォーカスしています。 そのため、うつ状態が改善されてもうつになった原因は残り続けます。 薬物療法に合わせて相談による認知療法を行うことで、自分の何がうつ状態になる原因となったのかを見つけることができ、根本的な治療へと繋がっていきます。 2つ目は「再発防止につながる」という点です。 原因となっている物が自己の考え方や性格だった場合、認知療法を行うことで改善し再発防止に繋がります。 相談を行いながら治療することで上記のようなメリットも付加することができます。

無料相談から始めてみましょう

自分はもしかすると、うつ病なのではないか。深く落ち込んだ際にそのように考える方もおられるのではないでしょうか。しかし、いきなり心療内科に行くのは勇気が出ないですし、インターネットで検索や相談をしてみると、怖い言葉がどんどん出てきてしまい、余計に不安になってしまうことがよくあります。 このような方に最適なサービスが、市区町村の保健センターや精神保健福祉センターが行っている、公的な無料相談サービスです。ここでは、匿名での相談も可能ですし、本人ではなく、家族にうつ病の疑いがある場合でも相談を受けてもらえます。 福祉センターでは、最終的な、うつ病かどうかの判断を行うことはありませんが、現在抱えているこころの不安や、医療施設の相談などは無料で受けてもらえますので、心療内科をいきなり受診する前に利用してみると良いでしょう。

治せる病気

現在電話でも相談を行なうサービスがありますがうつ病の場合もそういった場所を提供していることが多いです。また金額もかからないので病院の治療と並行して行なうとより効果を出すことができます。

» 詳しくはこちら

急な症状にも

普段生活している中で急に感情の波が押し寄せてくる場合もあるでしょう。そういう時こそ第三者に相談できるクリニックやサービスの利用していくことが大切になります。また、適切なアドバイスを頂くこともできるので完治も早くなります。

» 詳しくはこちら

治りが早くなる

生真面目な人がなりやすいうつ病は現在沢山のタイプがありますが、これからも患者は増えていくでしょう。実際相談ができる機関も増えていますので相談をすることもあるはずです。また無料で行なっていることもありますので気軽に利用できるでしょう。

» 詳しくはこちら

理解をしてもらう

うつ病は人によって怠け者といった印象を持たれる可能性があります。その為悪化する人もいるでしょう。しかし、理解のある第三者に相談をすればより快方に向かう可能性もありますのでまずは相談をしましょう。

» 詳しくはこちら

でやすい人

他の国と比べると日本は働き者が多い印象です。中には人に悩みの相談ができずにかかえている人もいるでしょう。なりやすい人もいますので対策として特徴を把握しておくと深刻な状態になる可能性も低くなります。

» 詳しくはこちら

Page Top